善玉菌を増やすエサ

バランスのよい食事を心掛けていれば、自然と便秘解消につながるのですが、料理のアクセントとしてオリゴ糖を使ってみるのは如何でしょう。

人間の胃腸には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌が存在しています。腸内環境によって善玉菌が多い日もあれば、肉食やインスタント食品ばかり食べていると悪玉菌が多くなってしまいます。そしてもう一つの日和見菌は、どっちつかずの菌とも言われているように善玉菌が優勢の場合には、善玉菌の味方になり、悪玉菌が優勢の際には悪玉菌の味方になるその日暮らしの菌なのです。

オリゴ糖この3つの菌が腸内に住み着いているのですが、その菌のエサに適しているのがオリゴ糖だと考えられています。その中でも善玉菌だけがオリゴ糖を食べた際に有機酸を作り出すことができるのです。有機酸とは、腸内環境に欠かすことのできないもので、pH値を酸性にすることで悪玉菌が増殖するのをコントロールすると考えられているのです。善玉菌がオリゴ糖を分解することが多くなれば、腸内の善玉菌は優勢に立ち、日和見菌も味方につけることができるので、便秘解消に役立つと言われています。

オリゴ糖は砂糖のかわりに料理に使ってもいいですし、コーヒーなどの飲料に入れてもいいでしょう。